相談料、着手金0円

保険会社の提示【無料】査定サービス
保険会社から「損害計算書」が届いたら・・・

 示談交渉に入ると、保険会社から損害計算書(保険会社によって、名称は異なります)が送られてきます。この書類には、保険会社が(被害者が弁護士をつけないでも、任意に)支払います、という賠償額が書かれています。
 この賠償額をよく見てみると、いわゆる「自賠責基準」で計算されていることがめずらしくありません。自賠責保険会社からの書類ではなく、任意保険会社からの書類であっても、自賠責基準で計算されていることがあるのです。
 そうでなかったとしても、保険会社からの提示が「弁護士基準」で計算されていることは、まず、ありえない、と覚悟してください。弁護士基準で提示するのが通常になれば、そもそも、保険会社にとって交渉担当者は不要になってしまう、といっても過言ではないのです。
 おとなしくはんこを押してしまうと、適正な賠償を受けられなくなってしまいます。
 お手元に保険会社から損害計算書が届いたら、当事務所が無料で査定します(「損害計算書」等書面による提示がある場合のみ。)。
 その後、実際にご依頼いただかなくても結構です。ぜひ、一度、当事務所までお越しください。(ファックス、メールによる査定は行っておりません。面談相談にお越しいただくことになります。面談相談後、後日、査定結果をお知らせします。)

初回の法律相談は30分まで無料
弁護士特約を利用すれば、30分を超えても、ご負担0(ゼロ)

 当事務所では、初めての方につきましては、交通事故の法律相談は初回30分まで無料です。
 (30分を超えると、30分までごとに5000円+消費税がかかります。)

 また、弁護士特約をご利用いただければ、30分を超えても、法律相談料のご負担は0(ゼロ)です。
 (上限法律相談料10万円まで、着手金、報酬金、タイムチャージ料等300万円まで)
 ぜひ、一度、ご相談にお越しください。

Copyright(c) SHOHAKU legal profession corporation. All Rights Reserved.